クレジットカード現金化サービスは新しいクレジットカードの使い方であること

少し以前になりますがクレジットカード現金化サービスは合法なのか非合法なのかが話題になりました。ですが今は堂々と新聞広告でもコマーシャルが掲載されています。

マスコミは非合法の企業の宣伝広告を掲載するのは致命的になっています。だからクレジットカード現金化サービスは合法であると判断してもいいでしょう。今回は【クレジットカード現金化サービスは新しいクレジットカードの使い方であること】をご紹介しています。

■最近注目度がグーンとアップしているクレジットカード現金化サービス
クレジットカードは今や1枚程度は少なくとも持っているでしょう。基本的にはお買い物の支払い手段に利用されます。多額の現金を持ち歩くのが不安な場合や現金を持ち歩くのが面倒な人は重宝しているのがクレジットカードです。

■キャッシュバックシステムを利用している
もともと買い物の決裁手段として利用されていたから現金化されることはありませんでした。現金をご用立てするのはショッピング枠とは別にキャッシング枠があります。ですが、このキャッシング枠は利息が高いデメリットがあります。だから対象商品を購入してその金額の一部をキャッシュバックさせることを思いついて仕組みを作ったのです。これがクレジットカード現金化サービスです。

■クレジットカード現金化を前提としてクレジットカード会社が契約を促進させていることもある
今やクレジットカード現金化サービスでも使えますよ……そんなキャッチフレーズで販売促進しているクレジットカード会社もあります。

急ぎの場合は還元率が悪くなりますが30分程度で入金されるクレジットカード現金化サービス

今はインターネットが生活に浸透していますからネットショッピングでお買いものをしている人も多いでしょう。そんなときに決裁で使うのが「クレジットカード」です。クレジットカードがないとネットショッピングは不都合ですから大抵の人なら1枚程度は持っているでしょう。

普通はショッピングの決裁に使うのですが、それ以外にキャッシングという機能があります。お金を借りることができるのですが利息が高いのがデメリットです。そこで出てきたサービスがクレジットカード現金化サービスです。ショッピング枠を利用して現金化する方法です。

例えばショッピング枠が30万円ある人で、まったくクレジットカードで決済していないならマルマル30万円の買い物をして現金化できます。セーフティサポートが指定する商品をネットショッピングして、キャッシュバックしてもらえばいいです。まったく融資をしてもらうという感覚はありません。もしも還元率が9割であれば、27万円のキャッシュがあなたの指定した口座に振り込まれます。

カードローンや消費者金融のように審査されることはありません。収入証明書などの必要書類も不要です。買い物に利用できるクレジットカードを持っていてショッピング枠があれば誰でも利用できるのがクレジットカード現金化サービスです。急ぎの場合は還元率が悪くなりますが30分程度で入金されるので便利です。

クレジットカード現金化サービスがまわりくどい理由

セーフティサポートは所得証明・源泉徴収票・印鑑登録証明など通常のキャッシングローンや消費者金融では要求される書類の提出は不要です。与信審査もありません。しかし、インターネットでネットショッピングをしなければならない一手間が必要です。何故でしょうか?今回は【クレジットカード現金化サービスがまわりくどい理由】を解説しましょう。

■商品を販売しているサービスだから!
実際は現金をご用立てしてくれるサービスですが表向きはネットショッピングしているだけです。その商品を高額で買い取ってくれるシステムです。それをキャッシュバックしているだけです。クレジットカードのショッピング枠を利用するので、こういった回りくどいことをするわけです。

■回りくどいことをしてでもあるメリットとは?
それはクレジットカードに搭載されてりるキャッシング枠を利用したり消費者金融で融資してもらうことと比較して利息が得だからです。

キャッシングをする場合に一般的な利息は約2割になります。100万円を借りて5年間返済しなければ200万円を返済することのなります。しかし、クレジットカード現金化の場合は利息は5%程度です。返済せずに5年程度放置していても総返済額は120万円ほどです。

これはクレジットカード会社によっても違うのでご自身のカード会社に確認してください。いずれにしても消費者金融やキャッシングよりは有利な利息です。クレジットカードの決済時に全額返済できるならばカード会社に支払う利息はゼロです。分割払やリボルビング払い(リボ払い)をする場合は別途手数料が必要ですから注意しましょう。

現金化がクレジットカード会社に知られることはあるか

現金化をするに伴い、不安になるのが“クレジットカード会社の反応”です。現金化をしたことが知られないか、知られた場合はペナルティや罰則が発生するのではないかと、怯えている人もいるでしょう。

結論から申しますと、クレジットカード会社に知られてしまう可能性は有ります。

ショッピング枠を活用した現金化は、決済情報が利用履歴として残ります。日頃は数千円~数万円程度の決済しかしない人が、ある日に限り何十万~何百万もの決済をすれば、気づかないわけがありません。

とはいえ、こちらへの連絡は善意によるもの。カードが盗難に遭い不正利用されたのでは?という推測の結果です。

では、こうした連絡を避けられる線引きはどこにあるのでしょうか。

インターネット上の口コミも役立ちますが、日頃のカード利用状況は投稿者により異なります。あなたと同じないし近い条件で現金化した人の口コミ以外は、役に立ちません。

そこでおすすめしたいのが、セーフティサポートへの問合わせです。日々業務に精を出すセーフティサポートは、膨大な情報を蓄積しています。日頃のカード利用状況を連絡すれば、概ねのボーダーラインを算出してくれます。そこから、いくら現金化をするか検討しましょう。

現金化は現状“合法”

 本来の用途とは異なる利用をするため、クレジットカードの現金化は違法だと指摘する意見もあります。しかし現状は“合法”であり問題ありません。

◎現金化の業者は“貸金業者”ではない
 クレジットカードを現金化するセーフティサポート 金融は、あくまでも“商品販売者”であり、貸金業者ではありません。商品を販売する際に、景品法に則ってキャッシュバックを実施しているだけです。

◎貸金ではないため“改正貸金業法”は効力を持たない
 2006年の改正貸金業法により、融資は年収の三分の一までと定められています。多重債務者を増やさないための規制ですが、これにより融資を必要としながら受けられない人が増加したことも事実です。
 しかしショッピング枠を利用する現金化は融資ではないため、改正貸金業法は無効です。そのため学生や専業主婦をはじめ無収入でも利用することが出来ます。

◎ただしクレジットカードの与信調査に引っかかれば×
 クレジットカードさえあれば、100%問題なく現金化できるわけではありません。支払い滞納をはじめ“問題があるカードと利用者”と判断されればそれまで、セーフティサポート 金融から依頼を断られます。
 またショッピング枠の限度枠+当月の残高によっても依頼を断わられます。なお、この点はセーフティサポート 金融が確認してくれるのでご安心ください。

 余談ですが、与信情報は自分でも確認することが出来ます。融資の際に問題ありと判断された場合や、そうでなくとも一度確認をしておきたい場合は、与信調査会社に問合せて下さい。

 また『クレジットカードの新規契約が通らない。しかし原因はわからない』といった場合にも、問合せは非常に有効です。与信情報を確認し問題を解決すれば、時間は必要ですが新規契約が通るようになるでしょう。

 意外と多いのは、携帯電話の機種変更に伴う料金の滞納です。本体代金を払い終えていないまま機種変更をした記憶はありませんか。与信情報にはこういったことも記録されます。

高額を現金化するほど還元率はアップする

 クレジットカードを現金化する際は、セーフティサポート 金融に所定の手数料を支払わねばなりません。

 手数料は、商品代金(現金化を希望する額)と還元率から算出されます。詳細は業者により異なりますが、概ね80%~が相場です。

 例えば、100,000円を現金化したい場合。還元率は80%だとします。100,000円×80%=80,000円が現金化でき、残り20%の20,000円が手数料として徴収されます。

 還元率の高さは、現金化をする額によって変動します。

◎Aランク 10,000円~300,000円 還元率83%~85%
◎Bランク 310,000円~500,000円 還元率85%~87%
◎Cランク 510,000円~1,000,000円 還元率87%~90%
◎Dランク 1,010,000円~3,000,000円 還元率90~92%

 ×%(1)~×%(2)となっているのは、ランク内で更に変動することを表しています。変動は振込み期間を指定することで起こり、即日振込みの場合は1が、セーフティサポート 金融が指定する期間(概ね一週間前後)であれば2が適用されます。

 上記のランク表を見ると、セーフティサポート 金融がかなり得をする印象を受けますが、実のところそうでもありません。何故なら商品の販売元(=業者)は、決済手続きが発生する都度、クレジットカード会社に手数料(決済額の3%~7%)を支払わねばならないためです。

 以上のことから、少額の現金化にも関わらず還元率が高い(目安は90%以上)業者は、怪しげな存在であることがわかります。美味しいエサには、くれぐれもご注意ください。

現金化は手数料が掛かる

 クレジットカードの現金化は、ショッピング枠に余裕があれば誰でも申し込めます。計算式はシンプルで、限度額-当月の残高=借入れ可能の額です。

 しかし現金化の業者はボランティア活動をしているわけではないので、所定の利用料を支払わねばなりません。こちらの計算式もシンプルです。まず“申込み額×還元率”から手元に入る額を出し、そこから申込み額との差額を出します。

 10万円を還元率80%で現金化したと想定すると、100,000×0.8=80,000円が手元に入り、差額の20,000円が業者へ支払う手数料となります。

 なお、この80,000円を分割で返済する際は、カード会社所定の金利が適用されます。支払い回数が多いほど損をする計算になるので、事前に返済プランを練ってください。

 ここで、現金化の手順を予習しておきましょう。詳細は業者ごとに異なりますが、概ね以下の手順で進みます。

1.現金化の申込み
 無店舗(インターネット)型を利用する場合は、24時間自由なタイミングで申し込めます。専用フォームがあるページを開き、各項目に必要事項を入力し送信してください。

2.セーフティサポート 金融の指示に従い、商品を購入する
 申込みが受理されると、セーフティサポート 金融から折返し連絡が入ります。その内容に従い、指定の商品を購入しましょう。カード決済のタイミングは申込み内容によって異なり、即日の現金化を希望する場合は“商品購入”のタイミングで、期限の指定をしなかった場合は“商品到着(カード決済による代金引換)”のタイミングで行います。

3.本人確認の手続き
 カード決済のため本人確認が行われます。免許証など身分を証明できるものをご用意ください。それをスキャンまたは写真として撮影し、メールに添付してセーフティサポート 金融へ送信します。

4.現金の受取り
 現金は指定口座に振込まれます。店舗窓口での受け渡しに対応するセーフティサポート 金融もあるので、必要に応じて使い分けて下さい。期限を指定せず申込んだ場合は、一週間前後かかります。

5.商品の受取り
 不用品であれば処分して構いません。商品到着+現金受取にて、現金化の手続きは完了します。

 初回の利用は手続きに時間を要しますが、二回目以降であれば30分程度で完了します。また法人カードをはじめ価値が高いものは、還元率が予め高く設定されています。小口融資よりも現金化がお得なケースもあるので、ご検討下さい。

無店舗(インターネット)タイプは手間いらず

 無店舗(インターネット)タイプのセーフティサポート 金融に依頼すれば、その場から一歩も動くことなくクレジットカードを現金化することが可能です。振込み先をインターネットバンキングに指定すれば、入金確認も同様に行うことが出来ます。

◎インターネットバンキングとは
 インターネットから入出金の操作が行える銀行です。みずほをはじめ、大手銀行も参入しています。接続できる環境があればどこからでも使える利便性はもちろん、各種の手数料が割安なことでも有名です。もちろんATMにも対応しています。口座の開設~維持費が無料のところが多いので、持っていない場合は新規の開設をおすすめします。

 インターネットからの依頼は、場所を問いません。自宅やオフィスからはもちろん、出張先で急な出費が必要になった時も依頼できます。インターネットに接続できる端末、クレジットカード、身分を証明できる物(免許証や保険証など)が揃っていれば、条件はすべてクリアです。

 現金化に伴い購入した商品の届け先も融通が利きます。同居人に知られてはまずい場合はオフィス宛にするか、郵便局で留めてもらいましょう。自宅宛にする場合は、どれくらいの大きさの・どのような商品が届くのか、セーフティサポート 金融に問合せておくと間違いがありません。

 なおクレジットカードの現金化は、振込みに要する日数によって還元率が変動します。即日の振込みはもっとも低く、セーフティサポート 金融が定める日数(概ね一週間前後)がもっとも高いです。この辺りも考慮しつつ、計画的に依頼することをおすすめします。

高い還元率で現金化する方法

 クレジットカードを現金化する際は、できるだけ高い還元率の適用を受けましょう。僅か1~2%の差でも、金額に大きく反映されるためです。

 還元率は業者により異なりますが、相場は概ね80%~90%と安定しています。還元率にはランクがあり、高額の現金化ほど還元率が高くなります。

 還元率は、現金を受け取るまでの“期間”によっても変動します。即日~それに近いほど低く、セーフティサポート 金融指定の期間に近づくほど高くなります。

 例えば、10万円を現金化する場合。即日希望に適用される還元率は80%、指定なしの場合は83%とします。即日の場合は100,000×0.8=80,000円となりますが、指定なしの場合は100,000×0.83=83,000円となります。この差は、決して小さなものとは言い切れません。現金化する額によっては、さらに大きな差を生みます。

 このように、現金化はそれを受け取るまでの期間を逆算して申込みことがポイントであるとわかります。もちろん、時間を取るか、お金を取るかは利用者次第です。

 急を要する場合は、24時間申込みを受け付けているセーフティサポート 金融を探し依頼しましょう。初回利用時には本人確認をはじめ少々時間を取る場面がありますが、即日を指定すれば2時間程度で融資を受けられます。二回目以降の申込みであれば、最短10分というケースも珍しくありません。

 しかし、いずれの場合も、優良のセーフティサポート 金融に申し込むことが大前提です。いわゆる悪徳業者も数多く参入しており、トラブルに遭う可能性は誰にも等しく存在します。

 悪徳業者の共通点は多々ありますが、もっともわかり易いのは“還元率”です。90%以上に設定されている場合は疑って下さい。

Copyright© 2010 セーフティサポートクレジットカード現金化口コミ All Rights Reserved.